スピードファクタリング.com

信用情報ブラック(ブラックリスト)で資金調達する方法

信用情報がブラックになると、「銀行融資」「クレジット」「ローン」「キャッシング」など、あらゆる借り入れがしずらくなります。零細企業に対する最大の資金調達者である日本政策金融公庫や信用保証協会でさえ、信用情報を照会するのです。

そのため、事業で必要な資金調達に窮することが多々あります。そんな信用情報ブラックでも資金調達できる方法が「ファクタリング」です。

信用情報ブラック(ブラックリスト)とは?

信用情報ブラックとは、国の個人信用情報機関によって管理されており、「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」があります。これらは、それぞれの間で信用情報の共有を行っているので、どれか一つでもブラックになると3つの機関にブラックリストが共有されてしまいます。

ブラックリストとして登録される最も多い原因が「クレジットカードの滞納」です。そのほかに、「携帯電話代の未納」「奨学金の割賦延滞」などが挙げられます。

ブラックリストが履歴から消える期間

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行系の信用情報機関となります。ブラックリスト履歴が消されるまで以下の期間がかかります。

  • 延滞:5年
  • 代位弁済:5年
  • 任意整理:5年
  • 自己破産:10年

CIC

割賦販売法と貸金業法に基づく指定信用情報機関、クレジットカード系の信用情報機関となります。ブラックリスト履歴が消されるまで以下の期間がかかります。

  • 延滞:5年
  • 任意整理:5年
  • 自己破産:7年

JICC(日本信用情報機構)

JICCはクレジットカード、キャッシング系の信用情報機関となります。ブラックリスト履歴が消されるまで以下の期間がかかります。

  • 延滞:1年
  • 任意整理:5年
  • 自己破産:5年
  • 強制解約:5年

個人と企業の信用情報は別ではありますが、それでも個人の信用情報がブラックだと借り入れに悪影響を与えてしまうことは事実です。このように、ブラックリストに載っていても資金調達できる方法がファクタリングとなります。

ファクタリングなら信用情報ブラックでも問題なし

ファクタリングは、企業の売掛け金を買い取ってもらうことによって資金調達ができるため、そもそも「借り入れ」とは異なります。そのため、事業主の信用情報がブラックでも資金調達が可能となるのです。

ファクタリングの条件

ファクタリングは信用情報ブラックでも資金調達が可能ですが、唯一の条件が会社に「売掛け金があるか」です。また売掛け金先の企業が審査対象となります。審査は、売掛け金が回収できるか?の一点です。これさえクリアできているのであれば、ファクタリングで100万〜3億円の資金調達が可能となります。

信用情報ブラックならファクタリングで資金調達!

信用情報ブラックの事業者は借り入れ先が異なります。中にはヤミ金にまで手を出して資金調達をしてしまう事業者もいるくらいなのです。もし、そこまで借り入れ先に困っているのであれば、ファクタリング会社に問い合わせてみましょう。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!