スピードファクタリング.com

手形ジャンプのリスクは債権譲渡(ファクタリング)で回避

取引先からの手形ジャンプを求められ、緊急で資金繰りに窮する場面が多々あります。ここでは手形ジャンプの対応とリスク回避の方法をご紹介します。

手形ジャンプとは

手形ジャンプとは、取引先から手形の支払い期日延長を依頼されることをいいます。この際、取引先から期日が延長された新しい手形と、手元にある手形の交換が求められます。

手形ジャンプの対応

手形ジャンプの対応は、まずなぜ取引先が手形ジャンプを必要としたのかをはっきりとさせる必要があります。そして、延長された期日での支払い見込みは本当にあるのか?ということです。

  • なぜ手形ジャンプした?
  • その期日で本当に支払われるのか?

この調査なしに、安易に手形ジャンプを受け入れてはいけません。また受け入れなかったことによって不渡りを出されるリスクがあるため、しっかりと判断材料となる情報収集をしっかりと行う必要があります。最悪のケースが共倒れで、それを防ぐために判断しなければなりません。

手形ジャンプで伸びた入金サイト中の資金繰り

手形ジャンプを受け入れた場合、入金サイト(支払い期日)が伸びるため、資金繰りに窮してしまうケースがあります。この際の資金調達方法として債権譲渡(ファクタリング)という方法があります。

ファクタリングは取引先の売掛け金(入金予定の金額や手形)を売却することによって資金調達を行う方法です。すでに手形ジャンプを引き受けている企業の手形(売掛け金)が売却できるかは審査によるところですが、もし他の取引先の売掛け金もあるなら、それを売却し資金調達をする方法が有効でしょう。仮に手形ジャンプされた取引先以外の手形もジャンプされた場合にはにっちもさっちも行かなくなります。

ファクタリングに売掛け金を売却してもらえれば、仮に手形ジャンプとなった場合でも貴社の会社に影響はありません。手形が不渡りとなった場合にも、すでに売却されているため支払いの義務は生じません。

手形ジャンプのリスクヘッジとして債権譲渡(ファクタリング)

手形ジャンプで資金繰りに窮してしまうリスクを考え、売掛け金を債権譲渡(ファクタリング)する事業者もいます。手数料は5〜15%(売掛け金先や取引方法により異なる)ですが、資金繰りに窮してキャッシングやカードローンで高金利で借りるリスクを考えると、安心料としては安いのではないでしょうか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!