スピードファクタリング.com

税金滞納中でも売掛金(債権)を売ることでキャッシュを作ることが可能

銀行融資を受ける際に、税金を滞納していると不利になるケースが多くあります。中小企業だと、法人税・消費税・源泉税・社会保険料などを滞納しているケースが少なくなく、融資に困っている経営者も多いのではないでしょうか。

税金滞納中は銀行からの融資は受けられない?

実は、税金を滞納しているからという理由だけで融資を断ることはありません。ですが、スムーズに融資してもらうことは難しいでしょう。また銀行のプロパー融資(銀行が独自に行う融資)は受けることができなくなります。税金滞納中の企業が銀行で借入することができる条件は、信用保証協会付きの融資となります。

税金の滞納年数による

信用保証協会つきの融資は受けることができるといっても、何年も滞納を続けている企業は融資を受けることはできません。受けられるケースとしては1年以内の少額な滞納がある場合となります。またそれが完納できると認められた場合によるため、1年以上滞納している企業は完納可能な計画書を提出し、それが認められなければ融資を受けるのは難しいでしょう。

事例として、毎月200万の納付計画書を持って融資を受けた際に、会社の規模的に毎月200万の納付は現実的ではないと断られ、その後、50万の納付計画書を持っていくと今度は納付までの機関が長すぎると断られます。ですが、半年間毎月200万の納付を行い、その領収書(事実)をもって融資を受けに行くと、銀行側が保証協会側に相談してくれ、融資を受けることに成功した例があります。保証協会側はそれでも1年で返済は長いとのことでしたが、半年間の分割滞納をしっかりとしている事実と企業の業績が伸びていることから融資の許可が下りています。

このことからも税金滞納があると、無理ではないにしても借入が難しいことが分かるでしょう。もし税金滞納中で借入をしたいのであれば、滞納分をできるだけ少なくしてから融資を受ける必要があるでしょう。

他のキャッシュポイントを探す

企業の税金滞納分を少なくする方法として、どこかからキャッシュを作りそれを税金返済に充てる方法があります。事業者自らの資金を、税金返済に充てる方法もありますが、事業者の資金で対応できない場合は他のキャッシュポイントを探すことになります。

税金滞納中でもキャッシュを作る方法

税金滞納中でどうしても資金繰りに給しているという状況であれば、売掛金(債権)を売却することでキャッシュを作るファクタリングという手法をおすすめします。ノンバンク、キャッシングやビジネスローンでキャッシュを作る方法もありますが、年利が高く返済できないリスクを考えると、ファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングで税金滞納を支払い融資してもらう方法も

ファクタリングであれば最短即日に売掛金を売却し、キャッシュを作ることができるため、それを税金滞納に回して銀行からの融資を受けるという手もあります。もし滞納が原因で融資を渋られているのであればファクタリングで滞納分を支払う方法を検討してみてはいかがでしょうか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!