スピードファクタリング.com

建築・建設業の雨で工程が伸びることによるキャッシュフロー改善法

建設・建築業は雨で予定していた工程が伸びることで、売掛サイト(入金されるまでの期間)が伸びてしまうため、このために資金繰りに苦しくなることが多々あります。この対処法として、他から資金調達をする必要が有ります。

銀行融資

まず思い浮かぶ資金調達方法が銀行融資ではないでしょうか。資金調達方法としては利息が低く、できれば銀行から融資を受けたいと思う事業者がほとんどでしょう。ですが、建築・建設業の場合、すでに多額の借入金があるケースが多く、追加借入が厳しい場合があります。借入をしていなくても、資金ショート寸前の企業であれば、正常の企業と比べて融資が通るのが比較的厳しくなります。

また、初めて銀行融資を申請する場合は、融資が通るまで1ヶ月程かかるため、緊急時の資金調達方法としては役に立ちません。こうなると、別の方法で資金調達をする必要が出てきます。

消費者金融

次に思い浮かぶのが消費者金融のキャッシング・ビジネスローンではないでしょうか。こちらは銀行融資よりも比較的審査がゆるくなりますが、数千万以上の借入は厳しくなります。数百万であれば消費者金融の借入でもよいでしょう。この際注意しておきたい点が、銀行よりも年利が高い点です。延滞するとそれだけ利息がかさむため、返済に繰りしくなるため、長期的な借入には向きません。これに当てはまらない場合は、次のファクタリングがおすすめです。

ファクタリング

銀行融資と、消費者金融の選択肢がなくなると、どのように資金調達をすればよいか分からず、どうしたらよいのか分からないとおこまりの事業者が多いのではないでしょうか。そんな時に選択肢に加えていただきたのがファクタリングです。

ファクタリングは売掛金を売却することで資金調達を可能とするため、借入とは異なり銀行融資で断られた場合でも、借入金さえあれば資金調達ができます。

ファクタリングを活用する多くの企業が、建築・建設業の事業となっています。それほど資材の仕入れや人件費にかかる資金と、売掛サイト(取引相手からの入金期間)のバランスが取れてない業界なのです。それに加えて天候によって予定よりも工程が伸びることで、さらに資金繰りに窮することとなり、ファクタリングを活用する事業者が多くおられます。

もし貴社が同じように、予定よりも工程が伸びたことで資金繰りに困っているのであれば、売掛サイトを短縮するファクタリングの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!