スピードファクタリング.com

リスケジュール中の資金調達なら即日債権譲渡(ファクタリング)

借入がある企業は、事業の利益からその借入の返済額をカバーできない場合、繰り返し融資を受けることで持ち直しています。ですが、長期の経営悪化から、もうこれ以上は融資できないと金融機関からストップがかかってしまいます。こうなると、当てにしていた資金調達先がなくなることで、資金がショートしてしまいます。借入の返済額が積もり、従業員の給料が支払えない事態にまで行くと、返済額のリスケジュールを行う必要が出てきます。ただし、リスケジュールを行うにはそれなりのデメリットが生じます。ここでは、リスケジュールのデメリットと返済の資金調達方法をご紹介します。

リスケジュールとは?

リスケジュールとは、金融機関からの借入金の返済期間や金額の約定を再調整することを言います。事業が計画通り行けば予定していた返済期間を守れるはずなのですが、業績の悪化から返済計画を見直す必要が出てきてしまった際に再調整を行う必要があるのです。これらは資金調達の目処が立たない場合に、資金を確保するために行われる方法となります。

金融機関にとっては、計画通りの返済期間を守ってもらわなければ困ります。そのため、リスケジュールをすることはそれなりのデメリットも生じてしまうのです。

リスケジュールのデメリット

最もデメリットとなるのが、リスケジュールの期間中にその銀行から新たな融資を受けることができなくなることです。そのため、それ以外からの資金調達が必須となります。さらに、金融機関からの格付けは下がるため、返済できてもスムーズに融資してもらえなくなることも大きいでしょう。

金融機関がリスケジュール受けてくれない

リスケジュールは返済期間の変更だけではなく、返済金そのものの減額もできるため、金融機関には当然好まれません。そのため、リスケジュールの申請を全て通すわけがなく、当然審査が行われます。審査で重要となるのが交渉です。交渉のポイントとしては、リスケジュールを受け入れた方がリスクを最小限に抑えられ、利益が出ることをアピールする必要があります。

リスケジュール中の資金調達ならファクタリング

リスケジュール中、もしくはリスケジュールを断られた場合、どのように資金調達するかが課題となります。その資金調達方法の一つとしてファクタリング(債権譲渡)という方法があります。

ファクタリングは、企業の売掛け金を売却することで資金調達をする方法で、再誕即日に100〜3億の資金調達が可能となります。キャッシングやカードローンと違い借入とはことなります。取引時に手数料5〜15%(売掛け金先と取引方法によりことなる)がかかりますが、仮に売掛け金の会社が倒産または入金日のズレがあったとしても返済義務は生じません。年利で返済に困ることもないので、キャッシングやカードローンで借りようとしているのであればファクタリングをおすすめします。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!