スピードファクタリング.com

ファクタリングの特徴

「ファクタリング」は他の方法よりも資金調達が迅速に行えることが最大の特徴となります。最短で当日には100万〜3億までの資金調達が可能です。通常資金調達はある程度時間がかるものですが、なぜファクタリングはこんなにも早く資金調達ができるのでしょうか?資金調達に窮している事業者の方には革命的な方法となりますので、まだ知らない方は是非確認してみてください。

ファクタリングって何?

ファクタリングとは、ご自身の企業が保有している「売掛け金」をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、最短当日には資金を調達できるという仕組みです。売掛け金とは、売上金の帳簿上の未集金のことです。つまり、売り上げは出ているのだけど取引先から振り込まれるのは再来月となれば、その再来月に振り込まれる予定の金額が「売掛け金」となります。これを売却することで即金で資金調達をするのがファクタリングという方法です。

ファクタリングの審査基準

銀行融資の場合は、審査に事業計画書を提出したりと何かと手間がかかります。ですが、ファクタリングは売掛け金さえあれば煩雑な書類を作る必要はありません。審査基準はただ一つ、「売掛け金」先企業の信用性となります。どのような会社と取引していて、回収の見込みがあるのか?これが審査基準となります。とはいっても銀行のように細部までチュエックすることはありません。ファクタリング会社によっては割とウェルカム状態なので、すぐに支払いの話となるところもあります。

万が一売掛け金先の会社が倒産したら?

売掛け金の会社が倒産した場合、利用者の支払義務は発生するのでしょうか?実は発生しないのです。つまり、倒産した場合でも、すでに売掛け金は売却しているため利用者の負担となることは一切ありません。これは大きなリスクヘッジとなるでしょう。

手数料は?

手数料はファクタリング会社によって異なりますが、業種により異なり5%〜15%となります。この数字だけ見ると、銀行融資など他の資金調達の方が手数料が低いことがわかりますが、他の資金調達はとにかく時間と手間がかかります。それらのコストをかけずに手っ取り早く資金調達がしたいという事業者にとっては、ファクタリングは最高の調達方法といえるのではないでしょうか?

2社間、3社間で手数料が変わる

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引があります。簡単に説明すると、3社間は取引会社(売掛け金先)を含めた取引です。この場合、取引先からファクタリング会社へ支払われるため、取引会社にファクタリングを利用していることが知られてしまうデメリットがあります。そして、2社間は取引先を挟まずに取引を行えますがその分手数料が高くなってしまうのです。基本的に取引先に知られるのは好まないと思いますので、手数料が多少上がっても2社間を選ぶ事業者が多いようです。

ファクタリングの利用と流れ

ファクタリングを利用するためには、前提条件として「売掛け金」が必要となります。売掛け金がある場合は、ファクタリング会社(資金調達プロの診断がおすすめ)に問い合わせを行い、電話対応で状況を確認されます。そして売掛け金を買収してもらえると判断された場合は、手続きを行って支払い日を決めるという非常にシンプルな流れとなります。これにより、最短即日で資金調達が可能となるのです。

ファクタリングの特徴まとめ

  • 売掛け金を買い取ってもらうことで即日資金調達が可能
  • 売掛け金先企業が倒産しても負担はない
  • 事業計画書などの煩雑な書類が必要ない
  • 2社間取引を利用すれば、取引先にファクタリングの利用がバレない

ファクタリングは、あまり知られていない資金調達方法となっていますが、実はアメリカでは当たり前の方法となっております。もしあなたの会社で今すぐ資金調達をしなければならない状況であれば、ファクタリング会社に問い合わせてみることをおすすめします。ファクタリング診断では、診断するとすぐに折り返し電話対応をしてもらえるので、急いでいる方にはおすすめです。まずはお問い合わせしてみましょう。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!