スピードファクタリング.com

2社間3社間ファクタリングの違い

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引があります。この違いにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、ファクタリングを検討する際には必ず確認しておきましょう。

2社間、3社間取引の違い

この違いは、取引先(売掛け金先)企業をファクタリング取引に加えるかどうかの違いとなります。2社間取引の場合は、売掛け金を回収したらファクタリング会社に支払う仕組みとなっていますが、3社間だと、取引先が売掛け金を直接ファクタリング会社に支払う仕組みとなっています。

2社間のメリットデメリット

  • メリット:取引会社にバレずにファクタリングを利用できる
  • デメリット:手数料が高い

3社間のメリットデメリット

  • メリット:取引会社にファクタリング利用がバレてしまう
  • デメリット:手数料が低い

取引先にファクタリングを利用することを知られるのが不都合な場合も多くあるでしょう。現に利用者の9割が取引先に知られない2社間を希望しているようです。

当サイトでご紹介している資金調達プロのファクタリングでは、2社間でも3社間でも希望する取引方法で対応してくれます。提携しているファクタリング会社が最も多い会社なので、利用を検討している事業者は今すぐお問い合わせしてみましょう。診断するとすぐに折り返しの電話がかかってきて対応してもらえます。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!