スピードファクタリング.com

建設・建築業のファクタリング事例

ファクタリングの利用率で最も多い業種が、「建設・建築業」です。この業界では多くの事業主が資金繰りに窮してファクタリングを利用しています。ここでは、建設・建築業がどのようにファクタリングを活用しているのかをご紹介します。

建設・建築業が資金繰りに窮する理由

ゼネコンからの下請けとなる中小の建設・建築会社は支払いサイトの長さや手形での支払いが多いことから、資材の仕入れや人件費の資金繰りに窮することが多々あります。手形割引を利用すれば、期日前に資金調達ができるものの、すでに限度額いっぱいまで利用している会社は後がなくなります。このような状況が多く発生しているからこそ、ファクタリングを利用する建設・建築業の事業者が増えてきているのです。

建設・建築業がファクタリングを利用するメリットと事例

手形の不渡り防止

建設・建築業は手形での支払いが多いことから、元請会社の倒産により不渡りになる可能性があります。そしてそれがストレスとなっている事業者が大変多いです。ファクタリングは手形(売掛け金)を買い取ってもらうことによって資金調達するため、仮に元請会社が倒産したとしても貴社に支払いの義務は発生しません。このようなリスクヘッジができるなら安心料としてファクタリングを利用している事業者も見受けられます。

仕事の回転率が上がり業績も上がった

明日にも資金調達がしたいという建設・建築業の事業主の事例です。元請会社からの受注が増えた反面、元請からの支払いサイトが長いため、外注費に窮することになりました。仕事はある、支払い予定もあるのに受注できないという状態です。このような状態になると仕事の回転率が悪くなり、後手後手に回ってしまいます。そこで、ファクタリングを利用して、長期の支払いサイトの売掛け金を売却して、資金繰りをすることで回転率が上がり、受注も多くなり業績も上がりました。「ファクタリングは手数料が高いイメージがありますが、利用により回転率が上がりさらに大きな利益を上げられることを考えると安いと思います」と定期的に利用したいと話していました。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!