スピードファクタリング.com

介護事業のファクタリング事例

ファクタリングは介護・医療業界では認知度が高く、利用する事業者が多い業種です。ここでは、介護事業のファクタリングの活用法とメリットについてご紹介します。

介護事業が資金繰りに窮してしまう理由

しっかりと売り上げは出ているのにもかかわらず資金繰りに窮してしまうのは、国民健康保険団体(国保連)への請求後支払いサイトが45日となるためです。確実に支払いはあるのですが、この45日の間に資金が回らなくなってしまう場合があります。そんなときにファクタリングを活用する介護保険事業者が多くいます。介護事業ではファクタリングが浸透しつつあり、ファクタリング会社への問い合わせも多い業界となります。

介護事業のファクタリイング活用のメリットと事例

3社間取引でも問題無し

ファクタリングには取引相手を含めない2社間取引と、取引相手を含める3社間取引があります。3社間取引の方が手数料が低い反面、売掛け金先(取引先)にファクタリング利用がバレるためそれを嫌がる事業者も多くいるのですが、介護事業の場合は売掛け金が国保連のため、3社間取引でもなんら問題はありません。これにより、ファクタリングを低い利率で活用することができます。

確実に、低利率で売掛け金を買い取ってくれる

介護事業は、売掛け金先が国保連となるため、回収に困ることはありません。売掛け金の回収はファクタリング会社が行いますので、回収見込みが立っている安定の売掛け金先の場合は利率が低くなります。3社間取引ができるのと合わせて、ファクタリングの中でも非常に低利率で資金調達ができるため、国保連の支払いサイトまでのつなぎ資金確保に活用している介護保険事業者は増えています。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!