スピードファクタリング.com

【事業者向け】消費者金融に代わるファクタリング資金調達方法

消費者金融で事業者向けのビジネスローンから資金調達する方法がありますが、消費者金融から借りることによるデメリットが大きいため、可能であればファクタリングを利用することをおすすめします。

消費者金融で借入するデメリット

金利が高い

消費者金融で借り入れると約12〜18%の年利がかかります。遅延損害金(年率)で20%となるため非常に金利が高いです。これを見るだけで、できることなら避けたい資金調達方法であることが理解できるでしょう。

決算書に記載される

決算書に記載されることも大きなデメリットとなります。他の金融機関で融資を受ける際に、この項目をチェックされて警戒される可能性があるからです。今後、他の金融機関でスムーズに融資を受けるためにも、決算書に記載することはできる限り避けておきたいところです。

長期的に返済に窮する可能性

金利が非常に高いため、なかなか返せずに延滞を続け長期的に返済に窮する可能性があります。仮に売り上げが立っていて、入金見込みのある会社があったとしても、その会社からの回収期間がずれたり、倒産されては返済の見込みが立ちません。もし、このように貴社がつなぎ資金を必要としているのであれば、ファクタリングを利用することが最善策と言えるでしょう。

消費者金融の変わりにファクタリングを利用する

ファクタリングは、企業の売掛け金を売却することにより資金調達を可能とするため、そもそも借入とは異なります。そのため返済義務も追わないで済みますし、決算書に記入する必要もありません。手数料はかかりますが、5〜15%なため年利よりはるかに良いといえます。 条件として見込みの入金額(売掛け金)があれば最短即日で取引が可能となります。

しかも、仮に売掛け金先の会社で入金のズレや倒産してしまったとしても、借入ではなくすでに権利を売却しているため貴社には一切の支払い義務が生じません。リスクヘッジとして精神的に利用の価値はあります。もし、売掛け金があり、つなぎ資金として消費者金融に借りようと検討している場合は、ファクタリングを利用することをおすすめします。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!