スピードファクタリング.com

動産・債権等の担保融資(ABL)の資金調達方法とメリット

動産・債権等の担保融資は、売上債権や在庫など事業資産から得られる収益を担保として資金調達する方法となります。

どんなものが担保となる?

担保融資は、牧場の牛や豚も担保として可能です。資産であればあらゆるものが担保となるため、幅広く資金調達が可能となります。このような担保融資をABL(Asset Based Lending)と言います。

ABLの特徴

ABLは公的機関や各金融機関で受けることができるサービスで、事業資産から生み出される収益を担保にできます。金融機関は融資をする際に事業内容を最も重視しますが、担保はあって越したことはありません。そのため担保融資は民間の金融機関で積極的に推奨されています。

ABLのデメリット

事業資産しかも直接利益を生むものを担保とされるため、これを嫌う事業者は多くいるのが事実です。仮に経営が悪化し、それを切り抜けるための事業資産を金融機関に取り上げられてしまっては、ピンチを切り抜けることができなくなってしまいます。

あまり普及はしてない

金融機関が動産を管理することも難しいのが現状で、管理することでむしろコストがかかることから、無担保の方がよほどラクで利益が上がると考えるのが普通でしょう。これがABLがあまり普及しない理由です。

動産より債権担保融資の方がおすすめ

債権があるのであればそれを担保に融資してもらった方が、動産を担保にするよりはリスクが低いでしょう。また、債権を担保にするより、債権を売却するファクタリングを利用した方がさらにリスクが低くなります。

債権を担保にした場合は、仮にその債権がなくなってしまった場合でも確実に返済は死なければいけませんが、ファクタリングの場合は債権を売却しているので倒産した場合はファクタリング会社が負担を追うことになります。その分ファクタリングの方が手数料は高いですが、リスクを拭える安心料として利用している事業者もいます。

動産・債権等の担保融資を検討されているのであれば、ファクタリングの利用も検討してみてはいかがでしょか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!