スピードファクタリング.com

エクイティファイナンスの資金調達方法とメリット

エクイティファイナンスは、資金調達方法の一つで、新株・新株予約権・新株予約権付社債の発行により資金調達を行う方法で借入とは異なります。

エクイティファイナンスと借入との違い

金融機関から資金を借入すると返済の義務が生じますが、エクイティファイナンスの場合は、株の発行による資金調達となるため、資金を返済(返還)する必要がありません。貸借対照表には純資産となります。資金調達によって負債も増えないし、返済期限もなく資本が増えるのが最大のメリットとなります。

エクイティファイナンスで資金調達する方法

資金調達の方法は「直接調達」と「関節調達」の2種類があります。直接調達とは、株を引き受けてくれる投資家から直接資金を調達する方法で、関節調達とは、不特定多数の投資家の間に銀行や金融機関を介して資金調達をする方法です。

エクイティファイナンスの3つの取引引き方法

新株の発行

新株を発行することによって資金調達を行う方法で、取締役会の決定において発行が可能となります。既存の株主に新株を割り当てる「株主割当」と第三者に新株を割り当てる「第三者割当増資」があります。また有利な価格で新株を発行する場合は、株主総会で理由を説明する義務が会社法により定められています。

株式公開会社については、発行可能総数枠を効力して発行する必要があります。非公開会社については、発行可能枠はありません。注意する点としては、持株比率が希少化することです。これについては十分に考慮してから新株を発行する必要があります。

新株予約権の発行

将来的に会社の株を手に入れることができる権利を新株予約権といいます。今すぐ新株は発行しないけれど、権利だけを発行することで資金調達が可能となります。こちらも新株の発行同様に、第三者に有利な価格での新株予約権の発行となる場合は、株主総会で理由を説明する義務が生じます。また持株比率についても考慮する必要があります。

新株予約権付社債の発行

新株予約権付社債とは、通常の社債にオプションとして新株を受け取れる権利がついている発行方法となります。これは、社債か新株を受け取るかを投資家が選択することによってどちらかが有効となります。新株を受け取る権利を使行しなければ、社債として利息を得ることができ、満期には全額返済しなければなりません。新株を受け取ると社債は消滅し、資金を返還する必要がなくなります。

エクイティファイナンスの注意点

持株比率の希少化
公開会社は発行数を考慮する
会社法の手続きをしっかりと踏む

エクイティファイナンスは自社株の発行による資金調達方法となるため、返還義務は生じませんが、調達した資金の活用方法が不十分であれば株主から説明を問われることとなります。

会社の状況によってエクイティファイナンスを活用することがベストかを考慮しましょう。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!