スピードファクタリング.com

アセットファイナンスの資金調達方法とメリット

アセットファイナンスは、企業のキャッシュフローを生み出す資産を担保として資金調達をする方法で、なんらかの資産価値を有する場合に活用することができます。

不動産を担保とする方法が有名ですが、それ以外にも売掛債権や知的財産権を担保にすることも可能です。

アセットファイナンスの仕組み

アセットファイナンスを活用する場合は、担保とする資産価値を会社(所有者) から分離することとなります。そして、その資産を管理(譲渡)するのが特別目的会社SPC(または一般社団法人まど)となります。SPCは譲渡された資産を資産担保証券として金融機関や投資家に発行して資金調達を行います。

コーポレートファイナンスとの違い

コーポレートファイナンスは、企業の信用力をベースに借入をすることができましたが、アセットファイナンスは資産価値をベースとして借入をすることができます。そのため、企業の信用力とは切り離して借入が出来るため、信用力が低下している影響を受けずに低コストで資金調達が可能となります。

資産を担保に借入ができる仕組みとなっているため、仮に借入している会社が倒産したら、その資産が債権者から差押えられてしまいます。こうなっては投資家に被害を与えてしまうため、倒産されても資産回収ができるよに、資産を分離させる必要があります。つまり、担保にした資産はSPCに譲渡(売買)されることによる資金調達となります。

アセットファイナンスのメリット

保有している資産を流動化しオフバランス化することによりバランスシートをスリム化し、総資本営業利益率(ROA)を高め経営を効率化することができます。これにより財務比率が改善され、企業の信用力を高めることにもつながります。

アセットファイナンスのデメリット

キャッシュフローをを生む資産がなければ資産調達ができないことと、キャッシュフローの源泉として安定的に評価可能なお金の流れが必要となります。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!