スピードファクタリング.com

クラウドファンディングからの資金調達とメリット

クラウドファインディングは、クリエイター(事業者)に対して、ネット上で不特定多数のサポーター(出資者)が資金を提供、協力するサービスのことをいいます。これにより、1,000万以上の資金が集まるプロジェクトもあるため、中小企業の資金調達に向いているといえるでしょう。銀行に頼らない資金調達方法として注目を浴びています。

クラウドファインディングの仕組み

クラウドファインディングは、クリエイターがウェブ上で資金調達が行えることが特徴です。ウェブ上でプロジェクトの詳細を公開すると、不特定多数のサポーターに閲覧され、提示されたプロジェクトに価値を見出してもらうことができれば、サポーターから資金提供をしてもらえるシステムとなっています。

サポーター1人1人から提供される資金は、数千円から数万円と少額で、個人としてのリスクは少ないけれど、全体としては大きな額となり、それでプロジェクトが実行できるようになります。

クリエイターは、何パターンかの出資コースを定め、それに対してサポーターがコースを選択し資金提供を行います。クラウドファンディングで資金調達に成功するには、いかに自分が実行するプロジェクトに、サポーターが共感してくれるかがの鍵となります。

サポーターのリターン

通常の出資と異なり、プロジェクトが成功することでサポーターに金銭的なリターンが見込めることはありません。その代わり、プロジェクトが成功したあかつきには、出資してくれたサポーターにTシャツなどの商品や付加価値等が送られます。これらの御礼は出資コースによって異なり、高いコースの方に価値の高いリターンを提示することとなります。

クリエイターのメリット

クラウドファンディングにおけるクリエイターのメリットは明確で、リスクがないことです。無事目標の資金が集まりプロジェクトをスタートして、途中で断念・失敗してしまったとしても、融資ではないため資金を返済する必要はありません。サポーターはプロジェクト成功時に貰える商品や付加価値等が送られてこないことになりますが、クリエイターにはデメリットはありません。

クラウドファインディングの手数料

クラウドファンディングを利用して目標の資金調達ができると、クラウドファンディングに手数料を支払う必要があります。その手数料は、調達した資金の20%であることが多くいです。20%と高額な手数料が取られてしまいますが、クリエイターには最初からリスクがないため妥当の%といえるのではないでしょうか。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングは、あくまでも何か新しいことにチャレンジするクリエイターがプロジェクトを立てる場所であり、例えば資金がショートして困っているから出資して欲しいという意図では利用することはできません。その場合は、クラウドファンディングではなく、ほかの資金調達方法を探す必要があります。

サポーターの期待に答えることが大切

サポーターは出資したプロジェクト(ビジョン)に何かしらの興味、共感があったから出資してくれたわけですから、その期待に答えるためにもプロジェクトを成功させる義務があります。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!