スピードファクタリング.com

銀行融資を返済中に新たに融資を受ける(追加融資)方法

銀行から融資をうけたけど、取引先が増えるに伴い仕入れ資金が必要になるけーすは多々あります。この場合、借入中でも銀行融資は通るのでしょうか?

返済中でも融資を受けることは可能

結論からいうと、すでに借入をしていて返済中であっても、追加融資を受けることは可能です。ただし、それには通常の融資と異なり、1点だけ審査項目が追加されます。

融資してから何ヶ月経っているか?

追加融資の場合は、以前融資してからどのくらい期間が経っているのかを見られます。例えば、融資してから1ヶ月以内に追加融資を申し込んできた場合、計画性にかけると判断されて追加融資を受けることは難しいでしょう。

追加融資は、借入した日から時間が経っていればいるほど通りやすくなります。目安としては6ヶ月です。6ヶ月の間しっかりと返済している場合は、追加融資が受けられる可能性は高くなります。もちろん、それ以上経っていればいるほど通りやすくなります。

業績が伸びたことによる追加融資は歓迎だが

本来であれば、業績が伸びて仕入れ資金が足りなくなることによる追加融資は、銀行にとっては歓迎のはずですが、あまりにも期間が短い場合は警戒されて融資を受けられないこともあります。そこで銀行融資以外からの資金調達方法を探す必要があります。

最適なのはファクタリング

仮に貴社に売掛金があり、その売掛金回収までの期間つなぎ資金を希望しているのであれば、ファクタリングが最適です。ファクタリングは、企業の売掛金を売却することにより資金調達を可能とする為、仕入れ資金調達には向いているといえるでしょう。

仮に消費者金融を検討しているのであれば、それはあまりおすすめできません。消費者金融で借りると、返済を一度でも延滞すると信用情報が汚れ銀行から警戒されます。これにより追加融資も難しくなるでしょう。ファクタリングであれば借入ではない為、信用情報が汚れることは一切ありません。もし借入金があるのであればファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!