スピードファクタリング.com

銀行融資の交渉ポイント

企業にとって銀行からの融資はまさに生命線です。銀行融資を必要な時に必要なだけの資金を調達できるかが企業が上手に成長するためには必須といっても過言ではないでしょう。そして、銀行からスムーズに融資を受けるためにも、銀行融資のポイントについて知っておく必要があります。

銀行融資の交渉ポイント

銀行融資の交渉のポイントは主に3つあります。これさえしっかり押さえて交渉を臨めば、スムーズに融資してもらえるだけではなく、有利な条件で融資してもらえる可能性もあります。

3つの交渉ポイント

  • 事業内容をしっかりと説明する
  • 資金使途を明確にする
  • 債務償還年数を把握する

事業内容をしっかりと説明する

融資の交渉で最も重要なことは、担当員に貴社の事業内ををしっかりと伝えることです。銀行員は稟議書に事業内を書き込み、それによってどのような形で融資できるかが判断されます。そのため、担当員に事業内容をしっかりと伝えきれていなければ、説得力のある稟議書はかけず、融資が認められない可能性もあります。

売り先、仕入先の状況やお金がどのように流れているのか、詳しく担当員に伝え事業内容を把握してもらうことが大切です。

資金使途を明確にする

次に、融資された資金をどのように使用するのかを明確に伝える必要があります。現状で、どれくらいの資金調達が必要で、それを投資することによりどのように利益が生まれるのかを明確にしてから申し込む必要があるでしょう。

資金使途で認められるのは基本的に「運転資金」と「設備資金」となります。それ以外の住宅購入や第三者への譲渡など、使途で申し込んだとしても審査に通りません。仮にこれを偽って融資の申請をしていることが判明されると絶対に融資はしてもらえません。逆に事業に使う資金であれば融資の対象となります。

債務償還年数を把握する

銀行にとって、融資先の事業力で借入金をどのくらいの期間で返済できるかという期間は、審査項目でも重要となります。この返済期間のことを債務償還年数といい、これが短ければ短いほど融資が通りやすくなります。

簡単な指標として、債務償還年数が10年未満であれば融資に前向きで、10年以上となると消極的になります。そのため、10年以内の申込みであれば良いですが、10年以上で申し込みをしようと考えている場合は、納得できるだけの説明を用意しておく必要があります。

融資を申込む前に、最低限「どのくらいの資金を必要としていて、自社の事業力で債務償還年数がどのくらいが妥当であるか」を把握してから申し込みを行えば、説得力のある説明ができるようになるでしょう。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!