スピードファクタリング.com

売上増加も減少も資金繰りを厳しくする理由

売上が下がると資金繰りに苦しくなるのは分かるかと思いますが、実は売上が上がっても資金繰りに苦しくなることは多々あるのです。そのため、資金ショートを見越して資金繰り対策をあらかじめ考えておくことが大切です。ここでは売上の増減により資金繰りが苦しくなる理由と対策をご紹介します。

売上増加による資金繰りについて

売上が上がっているのに資金繰りに苦しくなる大きな理由は、掛売りを行っているからです。現金商売なら別ですが、掛売りを行っている場合は、その売掛金が回収できるまでの間、売上が伸びるにつれてキャッシュが減っていくため資金繰りが苦しくなります。

売上増加による資金繰り難を回避するためには、あらかじめ売上増加となった時の対策を講じておくことです。具体的には、所要運転資金をチェックし、銀行融資がスムーズに行えるようにしておくことです。

所要運転資金の算定

(売掛債権回収期間 + 在庫回転期間 - 借入債務回転期間) × 月商

売上増加を見越した資金繰り対策を行っていることで、チャンスを逃さずに利益を上げることが可能となります。

売上減少による資金繰りについて

売上が減少すれば、回収資金が減るため資金繰りに困ることは当然なことでしょう。ただし、この場合売上が減少すれば仕入れ等の買掛も減り所要運転資金は減少しますので、資金繰りに窮する理由は仕入れではなく人件費などの固定費であるケースが多くなります。

売上減少による資金繰りの改善は、売上を上げるか経費を削減するしかありません。またこの状態で銀行融資を申込んでも、銀行側からの審査は非常に通りづらくなりますので、融資を受けられない可能性が高いです。ただし、全て断るわけではなく、融資した資金の回収が見込めることを提示できれば融資を受けることも可能となります。

資金繰り改善はファクタリングを利用しよう

緊急的な資金繰りに直面した時の資金調達方法は限られています。銀行融資を受けられる状態であれば別ですが、ほとんどの場合は消費者金融やビジネスローンが選択肢として有料でしょう。ただし、これらは借入であり利率が非常に高いためリスキーです。そこで、売掛金を売却することで資金調達を可能とするファクタリングがおすすめです。緊急時の資金調達としては最適なため検討してみてはいかがでしょうか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!