スピードファクタリング.com

従業員の給与支払い延長を防ぐための銀行融資は可能?

銀行融資について使途を従業員の給与支払いと申請すると、融資は通るのでしょうか?

従業員給与のための使途は超危険信号

従業員給与の資金が不足しているということは、本当に資金がショートしているということであり、銀行側からしたら決して貸したくない相手です。そのため、給与支払いの使途で銀行融資を受けることはできないと思っておきましょう。

従業員給料のための資金調達方法

給料を支払えないからといって簡単に給料遅延をすることは、従業員の信用が落ちてしまうため、どうにか資金調達をする必要があります。給与支払いの使途での銀行融資は不可能と思って、他からの資金調達を検討する必要があるでしょう。

そこで思い浮かぶのが消費者金融やビジネスローンではないでしょうか。ですがこれは年利が非常に高く、返済が長期化すると最悪返済ができなくなるという事態に陥るリスクがあります。これは最後の手段と考え、先にファクタリングを検討しましょう。

従業員給料の資金調達に最適のファクタリング

ファクタリングは企業の売掛金を売却することで資金調達を可能とします。そのため、売掛サイトの長期化による運転資金不足を起こしているのであればファクタリングが最適な方法といえるでしょう。ファクタリングは銀行融資とは異なり、使途に制限がなく、売掛金さえあれば100万〜3億までの資金調達が可能となります。

ファクタリングによって資金調達を成功し、従業員給料を払い企業体制を見直して黒字化に転じた企業がある為、事業再生としても利用されています。

売掛金がなければ最後の手段として消費者金融ビジネスローン

頼みの綱のファクタリングは売掛金がなければ活用できないため、売掛金がなければ最後の手段として消費者金融ビジネスローンで資金を調達する必要があります。ビジネスローンは一定期間無利息のプランもある為、無利息期間で返済できるのであれば活用を検討しましょう。ですがファクタリングが活用できない(売掛金がない)ということは、短期返済が厳しい場合もあるでしょう。その際は、従業員に遅延であることの理解を求める必要があります。

従業員に遅延を話し理解してもらう

従業員に給料遅延についてしっかりと話し理解してもらう必要があります。でなければ大切な従業員が次々とやめてしまい、事業を回復するどころではなくなります。その為、なぜ遅延する必要があるので、そして、今後どのように事業を改善していくのかを伝えて理解を求めましょう。この際、企業の資金繰りだけではなく、従業員の資金繰りも考えなければなりません。例えば、住宅ローンなどを抱えている従業員には優先して給料を支払うなどの対処も必要になるでしょう。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!