スピードファクタリング.com

銀行が貸し渋り・貸し剥がしをしてきたときの対応策

銀行の貸し渋り・貸し剥がしにより資金繰りが苦しくなり倒産してしまう企業は意外にも多く、不景気な時期は顕著に現れ社会問題化もしました。現在も貸し渋り・貸し剥がしは無くなっておらず、これにより苦しめられている企業が多々あります。

そもそもなぜ銀行が貸し渋り・貸し剥がしをしてくるのかというと、銀行側が経営安定を優先して損失を回避しようとしているためです。延滞している企業だけでなく、正常の企業にも融資ストップや回収をされるため、不景気の際は倒産企業が増え社会問題化します。

このような銀行からの貸し渋り・貸し剥がしをしてきた時、どのような対応をすれば良いのでしょうか?

銀行の貸し剥がしについて

融資している資金を積極的に回収してくることを貸し剥がしといい、延滞のない正常な企業にも理不尽な貸し剥がしを行ってくるため、それで倒産に追い込まれる企業もあるくらいです。

貸し剥がしをしてきた時の対処法

貸し剥がしをしてきた時の対処法は「経営者が銀行のいいなりにならないこと」です。銀行側が、一方的に「貸しているお金を貸してくれ」と言ってきても、それを鵜呑みしてはいけません。そもそも企業には、いきなり返せるだけの余力がないケースが多く、返したら倒産する企業もあるでしょう。対処法は「金融サービス利用者相談室」に相談するか、貸し渋りの対応を行っている税理士に相談し対応策を練ることになります。

銀行からの貸し渋りについて

銀行の貸し渋りとは、銀行側が融資に消極的になることで、新規融資、追加融資を受けられない、継続融資をストップさせられることをいいます。貸し剥がしよりは態度は軽いものとなりますが、正常な企業でも理不尽な貸し渋りを受けることもあります。これにより資金調達に甚大な影響を受け、経営難に追い込まれるケースもあります。

銀行から貸し渋りしてきた時の対処法

貸し剥がし同様、金融サービス利用者相談室」に相談するか、貸し渋りの対応を行っている税理士に相談し対応策を練ることになります。

銀行以外からの資金調達を検討する

銀行から融資を受けることができず、緊急時の際は銀行以外から資金を調達するしかありません。銀行からの融資を諦めるということではなく、最悪のケースを考えて別の資金調達先を探すことでリスクを回避することが最善でしょう。

緊急時の資金調達ならファクタリング

ファクタリングは、企業の売掛金を売却することで100万〜3億までの資金調達が可能となります。借入ではない為、銀行融資で貸し渋り・貸し剥がしにあっていても資金調達が可能です。もし売掛金がある場合はファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!