スピードファクタリング.com

取引先からの回収条件の変化による銀行融資の審査と交渉のポイント

取引先からの回収条件(入金サイトのズレ)が変化したことによって資金調達が必要になることがあります。この場合、銀行からどのように審査されるのかを知り、交渉することでスムーズに融資を受けられる可能性が高まります。

取引先からの回収条件の変化による銀行融資の審査ポイント

取引先からの回収条件の変化によって資金繰りが苦しくなり、銀行融資を申込むと、、銀行側が警戒して融資を渋られることが多いでしょう。理由としては、取引先からの回収条件が変更されるということは、悪い要素しかないからです。

販売先の変化など売り上げ構成が変化した場合による回収条件の変化であれば、銀行側のマイナス印象を拭えることができますので、しっかりと伝える必要があるでしょう。

銀行側は、「危ない会社と取引をしていないか?」「販売先とトラブっているのではないか? 」という疑問を持っているため、しっかりと取引先の状態について、回収の見込みがあることを提示する必要があります。

回収条件の変化による交渉のポイント

取引先の回収条件が変更された場合の銀行融資交渉には、「本当に回収が可能なのか?」をしっかりと提示できるかがポイントとなります。そのためには、「なぜ回収条件に変更があったのか」を明確に説明する必要があります。まずこれを説明できるように、回収条件が変化した会社に連絡をとり、なぜ変化があったのかをしっかりと調査します。調査した結果、回収の見込みがあればその理由を銀行の担当者に伝えましょう。

そうすると、銀行側が、取引先の信用情報をチェックし、信用性があり回収の見込みが立つのかを調べ、それを基に融資するかを検討します。これにより審査が通れば融資が実行されます。回収条件の変化により資金繰りに困った場合でも、これらの条件を満たせば融資をしてくれる可能性は十分にあるでしょう。

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

つなぎ資金がない、仕入れ資金がない、銀行融資も間に合わない、資金がショートしそう...そんなお悩みに最大3億 まで、会社の売掛け金を最短即日で買い取ります!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

売掛け金があれば最短即日即金 10秒スピード診断はこちら!

<<ブラックでも可能>>
今すぐ資金調達する方法!